われわれは「常時接続」のインパクトを忘れた。

 もはや空気のようにWi-Fiが飛んでいる。出先の店でノートPCを開き、無料のWi-Fiに接続してネットを見る。そんなことまで可能になった。
そんな状況で常時接続といっても、常時呼吸とでもいうようなばかばかしさがあるだろう。

 しかし、たまに思い出すのだ。「ダイヤルアップ接続」のことを。ネットを使っているあいだ、家の電話が「話し中」になっていた頃のことを。
実家で母親に、「ちょっと電話使うからネット切ってちょうだい」といわれていたときのことを! 

 ということで今回は、ダイヤルアップ接続でネットをしていた頃のお話。

ネットのはじまりを告げる音

 1999年、我が家にネット環境がやってきた。しかし現在とはいろいろなことが違っていた。例えば、PCにはケーブルを差し込まなくてはいけない。
無線なんて夢のまた夢だった。「モジュラージャック」と呼ばれる、妙にモジャモジャした語感のものを差し込んでいた。

 そしてネットに接続する際は覚悟を持たねばならなかった。なぜか? 接続時間に応じて料金が発生したからだ。これが何よりも大きかった。
無線と同じく、定額制も夢のまた夢だったのだ。

 ネット接続時には奇妙な音がした。私は「ピ〜ガガ〜」と覚えていたが、人によっては「ピ〜ヒョロ〜」だったりもするようだ。どちらにしろマヌケなひびきだが、
これがネットのはじまりを告げる音だった。

 何でも保存している物好きな人がいるもので、当時の音をYouTubeで聴くことができる。たんなるノイズにすぎないはずなのに、聴くと胸が高鳴ってしまう自分がいた。
おお……インターネットがはじまる……! ドラクエのファンファーレのような高揚感だ。ピ〜ガガ〜なのに。

ISDNとテレホーダイ

 この問題は「ISDN」によって解決した。何の略称かは知らない。とにかくISDNを使えば、電話とネットを併用できる。そのことだけを覚えていた。
この頃は何の略称なのかも知らない四文字に喜ばされることが多かった。

 だから次は似たような四文字である「ADSL」の話……といきたいところだが、その前にすこしだけ寄り道をする。アルファベット四文字ではなく、小林製薬的なダジャレ感が特徴のサービスがあった。
その名も「テレホーダイ」である。
 テレホーダイは、深夜ならば定額でネットができるサービスだった。正確には夜23時から翌朝8時まで。だからこの時間帯は「テレホタイム」と呼ばれていた。
要するに、利用者の少ない時間帯に限定しての定額サービスだ。しかし画期的だった!

 ネットにハマッている人たちは、大抵テレホーダイを利用していた。そして目の下にくまを作っていた。当時、ネットを愛することは夜型になることに等しかったのだ。
夜の23時になると同時に、常連が次々とチャットルームに入室してくる。もはや説明するまでもない。夜23時はネットの開店時刻だったのだ。

ADSLの登場

 そしてとうとうADSLによる定額サービスがやってきた。もう通話料金を気にしなくてもいい。深夜のテレホタイムを待つ必要もない。常時接続。この四文字を待っていた! 
世界征服よりも天下無双よりも常時接続にあこがれる。私はそんな少年だった。

 回線速度も一気に上がった。当時、「ブロードバンド」という言葉をやたらと聞いた。それまでのダイヤルアップ接続は「ナローバンド」なんだともいわれていた。
聞き慣れないひびきを妙に覚えている。ナローバンドからブロードバンドへ!

 日本語にすれば「ナロー=せまい」と「ブロード=広い」ということなんだが、これからはブロードバンドの時代なんだと興奮していた。
画像一枚を表示するのにジリジリと時間をかける時代は終わったのだ。重たかったページもADSLならばスイスイ表示される。しかも定額で使い放題だ。こんなことがあっていいのか!

 以上、駆け足で振り返ってみた。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/04/news003.html

コメント一覧
怒られてた
※サポート詐欺
ウルティマオンライン
昔KDDIから16万請求が来た。ディエゴガルシアを経由したとか。
身に覚えがないし向こうが切ったので悪意と判断して請求書を無視した。
国会で10万人ぐらいに請求したと問題になりKDDIがおかしいとなって音沙汰がなくなった。
兄貴がエロサイト見て知らないうちに5万円請求されてたわww
ネット接続はドリームキャストがデビューだった
ドリムとか買いまくったよ…
メールしたら、メールが届きましたと書いた葉書を送ってきた友達もいた。
テレホーダイがいいよって知人に言われたな
やらなかったけど
ワロタ